イケアの基本情報をおさらい

  • イケアの特徴とビジョン実現に向けて

    • イケアは北欧家具で有名なスウェーデンの家具メーカーで、世界28カ国、340店舗以上を展開しています。
      日本国内にも、東京ベイ、横浜をはじめ、仙台、立川、神戸、福岡などで店舗を展開しており、大変な人気となっています。イケアのビジョンは、「より快適な毎日を、より多くの方々に」です。
      開発から製造、販売まですべてを手がけており、そこで生み出された数多くのオリジナルの商品によって、多くの人の生活がより快適になることを願っています。
      また、価格は極力抑えられており、イケアの商品は安いというイメージが浸透しています。

      確かに、北欧家具というと高額なイメージがありますが、世界中で多くの人たちが購入することができるように、企業努力によって低価格を実現しています。



      低価格を実現するためにイケアが行っていることは、サプライヤーと長期的な関係を築くこと、そして高度なオートメーション化を構築することで大量生産を可能にすることなど、様々な企業努力によって価格の上昇を抑えています。
      せっかくの優れた製品を一人でも多くの人に届けたいという思いが反映されているわけです。低価格だからといって、作りが適当だったり、品質に問題があったりするわけではありません。
      一つ一つがしっかり作られており、長く使い続けることができるようになっています。

      日本経済新聞サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

      たとえば、ソファーの開発では機械による圧力テストが繰り返し行われ、耐久性の高い商品が生み出されています。



top